酢だこ

お正月に忘れてはいけないのが酢だこ。

カニなどの豪華さはありませんが、年末のスーパーには酢だこのバケツが立ち並び、庶民の食卓に乗るというのが正月の風景です。

タコは多幸に繋がるということで、おせちの縁起担ぎにも欠かせません。

お正月に出回るタコの種類ですが、真蛸水だこがあります。

真蛸は、明石の蛸が有名で珍重されます。体調は、足先まで合わせて60cmくらいなのですが、ゆでるとかなり小さくなります。

昨今は、モロッコ産が出回っていますが、乱獲により漁獲高が減っており、また、 寿司などの国際化に伴って海外でも食べられるようになったため、高値で推移する傾向があります。

もう一つは、水だこです。

別名を北海だこといい、寒海性のため、東北以北にしか生存せず、北海道や北太平洋、アラスカ、カナダのものが流通します。

肉質が柔らかく、水っぽいのが、「水だこ」の名前の由来です。

正月に刺身や紅白の酢蛸として出回るのは、水だこが多く、お酒のつまみとしても好まれます。

そのため、おせちの重の中だけの量では足らず、刺身用として別に用意することが多いですね。

こちらは、築地の卸売、良い蛸が手に入ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする