伊勢海老 と ロブスター

おせちに入ると豪華なのが伊勢海老です。

日本では、古来から食用として好まれ、特にお正月は、「威勢がいい」の縁起物で食卓に乗っていました。

この、伊勢海老、高級品です。

姿が美しく、姿造りが有名ですが、それがために、傷があると商品価値が著しく下がってしまいます。

触角を切るなどとはもっての外で、箱に収まるものではありません。

そこで、昨今おせちに登場するのがロブスターです。

ザリガニの親分みたいなアレです。

大きな鋏を持ち、長寿

ちなみにアメリカンロブスターで、一番大きな記録は9㎏、推定年齢140歳なんだそうです。驚きですね。

ヨーロッパではオマール海老と呼びます。

アメリカンロブスターではなく、ヨーロピアンロブスターの品種になります。

この頃は、ロブスターと表記している場合と、オマール海老と表記している場合がありますが、実は同じと考えても良いようです。

伊勢海老の代わりとはいっても、140歳までも生きるなら、それだけでおめでたいですね。

ロブスターは、伊勢海老より弾力性があり、味はタラバガニに似ていると評されています。

おいしいロブスターに舌鼓を打つおせち、ご堪能あれ



【匠本舗】どんどん売れる<料亭おせち>